福岡に住んでいるハゲ友のお話し

ここでは福岡の友達の事を少し紹介してから簡単な治療を紹介するぞ。そいつは博多に住んでいる大学生だが、後頭部がかなりやばくて、悩んでいるらしい。まあ完全にAGAなんだな。必死でマッサージをしたり、針を刺したりしているがAGAは絶対に治らない。AGAを治したいならば病院に行け。福岡にも有名なAGAの病院はたくさんあるぞ。天神駅の近くや博多駅の近くは特に多いし、アクセスもいいから斎藤さんもお勧めしたい

https://www.hair-protecter.com/aga/prefecture/040_hukuoka_treatment.html

AGA治療の王道はプロペシア治療である。なので、AGA治療をすると言えば、だいたい半年~1年くらいかけてプロペシアを飲むわけだが、その場合抜け毛を減らすことはできるが、さらに髪の毛が生えてくるかと言えば、おそらく多くの人が生えてこないという結果になるだろう。実は今ある抜け毛を減らす治療法と言うのは、プロペシアでできるのだが、髪の毛を生やせるかどうかというのは、プロペシアでは難しくかなり個人差がある。なので、プロペシア服用しても髪の毛が生えない人の場合には、別の治療法を考えなければならない。その別の治療法と言うのが育毛メソセラピーだ。メソセラピーと言う言葉は女性なら聞いたことがあるかもしれないが、男性の場合には初めて聞いたという人がほとんどだろう。どういう治療法かと言えば、端的に言うと注射で頭皮に育毛成分を直接注入する方法だ。

育毛成分には、フィナステリド、ミノキシジル、成長因子などがあり、その他にもビタミンやミネラルなどの成分も注入される。このような育毛にとって必要な成分を頭皮に直接注入することによって、発毛を促す。従来の薬の場合だと、服用してもそれがしっかりと髪の毛の生えてほしい場所だけに行くわけではなく、それ以外の場所にも行くことが多い。例えばミノキシジルの場合には副作用として、全身の毛が濃くなるというものがあったが、これはまさしくミノキシジルの効果が体全体にあらわれているからだ。ミノキシジルと言うのは、血管の拡張作用や血管新生の効果があるので、うまく頭皮部分の血管に行けば髪の毛がしっかりと生えてくる。だが、それ以外の場所に行けばそれはムダ毛として生えてくる。このように場所を選ぶことができないので、治療としてはまだ不完全であるが、この育毛メソセラピーの場合には、頭皮すなわち患部を狙う事ができるので、かなり効果ができる治療法だ。もし、もっと発毛させたいと考えているなら、一度この育毛メソセラピーも考えてみてくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です