薄毛には色々な種類もあるが、心配なら病院で先生にみてもらう

髪の毛がどんどん抜けていき、頭皮全体の髪の毛のボリュームがなくなってしまう薄毛だが、男性のように頭頂部や前髪を中心に急激に薄くなっていく男性型脱毛症もあれば女性のように生え際はつむじ付近を中心に少しずつ薄くなっていくびまん性脱毛症もある。

それ以外にも頭皮に50円玉や500円玉ぐらいの穴が開いたようにスポット的に髪の毛がなくなる円形脱毛症や皮脂の増えすぎから始まりマラセチア菌が大量繁殖することによって始まる脂漏性脱毛症、毛穴がフケでふさがれることによって毛根が栄養不足となり新しい毛髪の発育が妨げられるひこう性脱毛症などもある。また、これは病気とは少し異なるが、がんなどの治療薬の副作用として髪の毛が抜けるタイプの脱毛症もある。このように髪の毛が薄くなるいわゆる薄毛にはいくつかの種類があり、それらはすべて発症原因が違うので、その原因に応じた治療を行う必要だ。大阪は北の梅田、南の難波・天王寺ならたくさんの病院があり、専門的な治療を受ける事ができる。

なので、大阪市外である豊中や吹田などに住んでいても御堂筋線や堺筋線を使えばすぐに病院にいくことができる。

ではもしも自分が薄毛になった場合にはどうすればよいのかと言えば自分で勝手な判断をしないことだ。多くの人は髪の毛に関して症状が出たときに、自分で何とかしようとネットを調べたりするが、髪の毛について何も知らないのに自分たちだけで何とかしようと考えるのは得策ではない。もちろん自分なりに原因を見つけ、その原因をつぶしていくというのは悪い事ではないが、できれば病院で先生に診てもらってほしい。特に大阪にはAGAに関する病院が多いので斎藤さんもおすすめだ。

https://www.hair-protecter.com/aga/prefecture/026_osaka_treatment.html

自分であれこれ判断すると、間違った時の取り返しが効かないし、それだけたくさんの時間を無駄にしてしまう。そうしている間にも薄毛はどんどん進行していくので、あとで間違いだったと気づいてから病院に行っても治るまでに時間がかかってしまうし、最悪の場合には一生髪の毛が生えてこないという事もある。だから髪の毛の事は髪の毛の専門家である医師に任せて、まずは病院に行ってしっかりとした診断を受けるようにしてくれ。あとで後悔しないためにも。

薄毛には色々な種類もあるが、心配なら病院で先生にみてもらう” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です